回鍋肉

回鍋肉は豚肉とキャベツを甘辛い味噌で炒めた中華料理として人気が高い一品になっています。豚肉はばら肉の薄切りを使うことで、ばら肉の脂の甘味、キャベツの甘味がやや塩辛い味噌の味わいとあいまってとてもおいしい料理です。作り方も簡単で、男性受けしやすい中華料理にもなっています。本場の中国では実はキャベツではなくソン苗という野菜を使い、豚肉も皮つきの塊肉を茹でるか蒸してから使用するため、中国で回鍋肉を頼むとかなり驚く人が多いようです。日本人になじみ深い回鍋肉の作り方としては、まずタレを作っておきます。タレは甜麺醤(甘味噌)を大さじ1/2、豆板醤(四川風辛みそ)を小さじ1を合わせ、醤油を大さじ1用意しておきます。豚ばら肉の薄切りを120g、キャベツを150g、ピーマンを1~2個、長ネギを1/4本用意し、キャベツはざく切り、ピーマンは8等分、長ネギは斜め切りの薄切りにします。まずキャベツとピーマンを軽く炒め、一度さらにとり、次にお肉を傷めます。肉の色が変わったところで料理酒大さじ1をふりいれ、タレを加えてしっかりとなじませます。長ネギを加え、さらに野菜を戻し、最後に醤油で味を調えましょう。

Comments are closed.