餃子

餃子といえば日本では焼き餃子ですが、本場中国では水餃子や蒸し餃子で食べることが多いそうです。また日本ではお店でも気軽に食べることが出来ますし、スーパーなどでもあとは焼くだけという状態で売られているものも非常に多いですよね。手作り餃子を作るときには餃子の皮を購入して作るととても簡単に作ることが出来ます。まず、調味料を合わせます。醤油大さじ1、ごま油小さじ1、砂糖を小さじ1、料理酒を小さじ1、片栗粉を小さじ1、塩を小さじ1/2、コショウ少々とサラダ油を適量です。次に野菜ですが、もし時間があるようでしたらキャベツまたは白菜とにらを半日程度干しておきましょう。水分が抜けるために味が凝縮し、さらに餃子の餡が水っぽくならないので塩もみが不要になります。豚挽き肉150gを用意し、あらかじめ合わせた調味料を加えてしっかりともみ込みます。粘り気が出てきたら休ませておきます。キャベツまたは白菜とニラをみじん切りにし、ショウガとにんにくも粗みじんにしておきます。みじん切りにした野菜を先ほどの挽肉に合わせて1時間ほど冷蔵庫で休ませます。餃子の皮に餡を包みます。フライパンを熱して薄く油をひき、包んだ餃子を並べます。皮の色がやや白っぽくなったら餃子が1/3程浸る程度に水を入れて強火で蒸し焼きに成します。水分が無くなったら餃子の上から少量の油をふり、焼き目が付いたら出来上がりです。

Comments are closed.