バンバンジー

バンバンジーは漢字で記載すると棒棒鶏となります。もともとは焼いた鶏肉を棒で叩いて柔らかくしたことから名づけられたようですが、現在では蒸し鶏に辛みを聞かせたソースをかけて食べることが一般的になっている四川料理になっています。四川料理ですので、辛みのある唐辛子の効いたソースが特徴的ですが、日本ではマイルドなゴマのソースをかけることが多く、くらげやキュウリ、トマトなどの具材を加えることが多くなっています。日本でなじみ深いバンバンジーのレシピを紹介してみましょう。まず蒸し鶏を作ります。鳥の部位についてはどこでも良いのですが、むね肉を利用することが多いようです。しっかりと中まで火が通ったら、ゴマ油を表面に塗った後に冷蔵庫で冷やしておきます。キュウリやレタス、トマトなどを食べやすい大きさに切り皿に持っておきます。冷えた蒸し鶏を細切りもしくは薄くスライスして野菜などの上に盛り付けます。練りごま大さじ1、酢、大さじ1、醤油大さじ1/2、鶏がらスープ大さじ1などを合わせたゴマソースを作り、添えるか上からかえて完成になります。

Comments are closed.