自賠責保険に加入するメリット

 

 

自賠責保険は、公道を走るすべての自動車、二輪自動車、原動機付自転車に対して自動車損害賠償保障法で加入が義務づけられている保険の事です。

 
人身事故(他人の傷害・障害・死亡)のみが補償範囲で、一般的に強制保険とも呼ばれています。
自賠責保険のメリットは、任意保険のように被害者は受け取る保険金に原則として過失相殺は受けない事、損害賠償額が確定する前であっても、仮渡し金制度や内渡し金制度により、賠償額の一部の支払いを受ける事が可能、何回事故を起こしても、同じ保険料で同じ補償が受けられる事が出来ます。
また、加害者の家族が同乗中に被害を受けた場合でも保険金が支払われる場合もあります。

 
ただし、被害者側の過失が7割を超えた場合は2割の重過失減額をされ、さらに泥酔運転、無免許運転、50kmを越える速度超過等、全てにおいて被害者に過失ある場合は支払われません。

 
自賠責保険から支払われる保険金は、傷害で最高120万円、後遺障害による損害は最高4000万円、死亡は最高3000万円で、被害者が数人に及ぶ場合にでも1人1人に支払われるようになっています。

 
自賠責保険は、国が定め、全ての車の持ち主から保険料を徴収する事で成り立っている被害者救済の制度です。